リアル集会所32

2017年8月27日 日曜日

例会通りに秋田県秋田市の某所にて、リアル集会所32が開催されましたが、管理人は不在でした。

若干名のかたが集まってくださったそうです。

 

今後もできるだけ開催しますので、参加してくださるようお願いいたします。

 

ではみなさん、まだまだ、狩り会にいこうよ!

 

 

リアル集会所32のリポートは出来ませんが、今まで管理人がひとりで狩りをしたり、インターネット通信で集会所・集会酒場で狩りをして感じたことを綴ります。

 

インターネットの向こう側には様々な人たちがいます。

装備を一式そろえて、堅固な防御にてモンスターの攻撃に備えるハンター。

装備はチグハグだけどスキル発動個数が7つ以上あるハンター。

高火力武器によりモンスターを圧倒するハンターをみかけました。

 

秋田豊穣ギルドの管理人であるわたしは、高火力武器を持っているわけでもなく、スキルを7つも発動しているわけでもなく、ただ単に、10年以上積んできた経験で狩りをしています。

 

スキル発動数は多くても3つ。

武器も300以上のものは持っていない。

 

それでもインターネット通信での狩りでは主にブシドースタイルで、モンスターの攻撃をいなしたり、かわして、ふところに飛び込んで攻撃を当てています。

 

ハンターランクもMHXは40くらい。

MHXXでは50くらいで、狩猟許可されている範囲で狩りをしています。

古龍種をひとりで受注するほどのレベルではないし、塵魔ディアブロスを倒せるわけではありませんが、時間を少しずつかけて、モンスターハンターというゲームを楽しみたいと思います。

 

次回のリアル集会所では、塵魔ディアブロスをほかのかたの力を借りて倒せたらいいなと考えております。

 

では、みなさん、次回の狩り会でお会いしましょう。

広告

リアル集会所31

2017年6月25日 (日)晴れのち雨

秋田県の某所で、リアル集会所31回目が開催されました。

 

写真は当ギルドのリアル集会所に朝早くから集まってくださった皆様。DSCF0569

わたしは、昨夜(?)もう朝でしたけども…。PCで何やらをしていたので午前4時くらいに時計を確認したのは覚えてます。それから眠る準備して、遅くとも5時くらいには眠ったような…。

 

起床時間が7:30ころの目覚ましと、8:00ころの目覚ましでした。

一回目の目覚ましでは起きられず、8:00ころにようやく起床。

準備して出かけたのが9:00ころだったので、秋田市内には10:30ころに到着しました。

 

みなさんすでに狩りを楽しんでいて、難関クエストに挑戦しているようでしたが、わたしは募集サイトでG4であまり力尽きることの無いように練習したいということと、チャージアックスブシドースタイルの練習をしたいということでした。

 

G4は今の防具だとかなり力尽きる場合が多いので(一撃で力尽きる)防具を強化しつつ、プレイヤースキルの向上を目指しました。

 

チャージアックスブシドースタイルになぜこだわるかというと、MHXからの修正で高出力属性解放が難しくなったので、一番属性解放しやすいブシドースタイルの練習を頑張っています。

武器の攻撃力にもよりますが、パッケージ版ソフトの全武器種の中で一番攻撃力が高いのが、チャージアックス高出力属性解放状態での一撃だといわれています。

 

本日もやっぱりラオシャンロンのパーティープレイは楽しかったです。

撃龍槍の使いどころに悩みましたが、ラオシャンロンに命中出来てパーティーメンバーの「ナイス撃龍槍」の一言がうれしかった。

古龍種ももちろん挑みましたが、ひとりよりもみんなで挑む狩りが楽しいのと、かなりの調整をされたクエストのバランスがいいなと感じています。

やはりというか、なんというか、ニンテンドーswitchでのモンハンダブルクロスとモンスターハンターワールドの話題が上っていました。わたしは当分その両方を買う見通しが立たないので買えそうにないですが…。

 

この日の数十クエストではほとんど生命の粉塵や生命の大粉塵でサポートを受けつつ、何とか力尽きることなくクエストクリアをしました。

 

やはり、二つ名モンスターは狩猟レベルが高くなると、クリアが難しいということも聞かされました。

 

この日一番印象に残っていたのは、塵魔(おうま)ディアブロスのクエストが難しいらしいです。

 

わたしの印象では黒いディアブロスというイメージが湧きますが、ただのディアブロス亜種ではないようです。

 

防御力が800位あっても一撃で力尽きることもあるらしいので、クエストに挑むときの準備は入念にということは聞きました。

わたしなら、調合書と回復薬全種と調合素材を持ち込みますが…。そのほかにも攻略方法があるらしいです。

まだまだじっくりと楽しむことができるようです。

 

 

この日集まってくださった方々は、10名ほど(管理人含む)。夜遅くまでの開催で、わたしは途中休憩を長くとりましたが、参加された方々もわたしも楽しかったので開催して良かったと思っています。

 

今回もありがとうございます。

 

 

 

 

あと、余談ですが、DQ11も話題になってました。会場の中だけのうわさでは、3DS版を最初にプレイして、高グラフィックのPS4版でリメイク作品を楽しむという感じでプレイするという人がいました。

わたしも、ふっかつのじゅもんでクロスプラットフォームにて遊べるようになっているので、そんな遊び方がいつかできたらいいなと思っています。

リアル集会所30

ここからが現在の新しいリポートとなります。

 

リアル集会所30 (リアル集会所 MHXX with MHX)

2017年5月5日 天気 晴れ 夜から小雨

秋田県秋田市の某所にてリアル集会所30回目が開催されました。

リアル集会所MHXX With MHXとしてコミュニティメンバーに告知してました。

 

DSCF0563

会場のセッティングはわたしより先に到着していたかたがこのようにセッティングしてくれて、10:05ごろに会場に入ったわたしはまず3人での狩りを楽しみました。

ただし、わたしのHRは11だったので、クエスト同行者が行きたいクエストではなく、わたしのキャラクターのHR上限解放をしましょうとなりました。

 

荒鉤爪装備と甲虫(上位)の腕装備でスキルを発動させたものに、メインで使用している大剣で☆2、☆3、☆4とG級クエストをこなすと、モンスターの攻撃が命中するとほぼ瀕死。

かすっただけでも150ある体力が10分の1減るという凄まじさと、下位、上位のモンスターの動きに変則的なモーションが加わり、難易度的には決して簡単ではないと思います。

ほとんど、経験と勘でよけながら攻撃を当てて、モンスターの体力を減らす。

 

わたしの防御力は350程度だったので、激昂していないラージャンのビームでも瀕死でした。

 

そんな死線を潜り抜けつつ、クエスト同行者に助けられながら、レンキンスタイルでリベロのような戦い方をして、なんとかHRの上限解放を達成。

村クエストも☆1~☆4まではニャンタークエストも含めてオールクリア状態で、☆5を途中までこなしていたので、HR上限解放時のHRは

「34」でした。

 

DSCF0565

DSCF0567

DSCF0566

特別許可クエストの通称「荒鉤爪」の装備を強化したかったので、何人かの人に手助けしてもらいながら、荒鉤爪クエスト4を何回かこなすと、クエスト同行者から「飽きた」「別のにしましょう」と言われたので、別のクエストを楽しみました。

 

 

【獅子宿し】訂正、獣宿しの狩技は攻撃力が2倍になるらしいので、一撃で効果が切れる大剣よりも双剣や片手剣に向いている狩り技だなという印象で、わたしのキャラクターの狩技には地衝斬Ⅱと狩人のオアシスとムーンブレイクをセットしてます(2017年5月5日現在)

あとは、ホロロゾファーというチャージアックスも使いながらプレイ時間の3分の1は一人でプレイしました。

 

今回のリアル集会所に参加してくださった方々は防具が700~850位の防御力で戦っていて、ガンナー装備でさえも500位、わたしのキャラクターの2017年5月5日時点での装備が350位だったので、クエストがとても難しく感じました。

 

ひとりで闘技大会の練習をしましたが、タイムは全国ランキングで【訂正、ギルドカード交換した人たちの中で】13のランキングに位置してます。2017年5月時点で18位、タイム11:36’65

 

今回はモンハンの知識が豊富な方が他の参加者を難しいクエストに導いていて、モンスターの動きもほとんど把握しているなという印象でした。

 

わたしは、ブシドースタイルでジャスト回避がたくさん出る傾向にあるので、ほぼ直感でプレイしていたようです。

モンハンはダブルクロスのように龍歴院の学者に例えられるくらい詳しい人もいれば、集会酒場でのギルドマスターの元ハンターの女店主やガンナーのサングラスの受付カウンターの人のような技能にたけるタイプに分けられるのではないかと考えています。

 

知識で分析か直感で戦うかの2つのタイプのハンターに分けられるようなゲームになりました。

 

わたしは普段、文字やデータをみながら仕事をしているので、モンハンに関しては直感タイプのようです。

 

蟷螂が強いのか、3人のハンターが強者だったのか、一度のクエストでは判別がつきがたいですが、このラストのモンスターはダラ・アマデュラよりも弱い印象でした。ソロでHR上限解放できるらしいので、ゲームの腕に自信があり、同じことを繰り返すのが苦手ではない人は、一度のクエスト失敗にめげずに「ソロでHR上限解放」を目指してみてはいかがでしょうか…。

ただし、ものすごく時間がかかります。

MHXXに至ってはソロで集会所クエストを多くクリアできるらしいので、自分のゲームの腕は誰にも負けないと自負がある方は、ソロクリア目指してみてください。

 

ちなみに、集会所酒場に行くとパーティ人数によってモンスターの攻略難易度が変化するアルゴリズムになっているそうです。

 

MHXに関しては、まだ簡単なほうだそうです。

 

ブシドースタイルで練習するとプレイヤースキルがかなり向上します。

 

そこはCAPCOMさんらしいゲームだなと感じた一日でした。

 

参加人数は6人でしたが…。少なくとも8時間くらいはモンハンで遊んでいたようです。

 

今回もリアル集会所にご参加くださいました皆様、お疲れさま、ありがとうございました。

リアル集会所24~27

リアル集会所24~27までは、ブログ記事を探すまで時間がかかるために、暫定的措置として、開催記録だけを残しています。

 

2014年3月23日 リアル集会所24

2014年5月18日 リアル集会所25

2014年7月20日 リアル集会所26

2014年11月16日 リアル集会所27

リアル集会所23

2014年1月19日(日) 雪

この日は秋田市の秋田テルサでリアル集会所23が開催されました。

今年最初のリアル集会所が開催されたのですが、当日は大雪で道路事情がよろしくなく、管理人は出発時間を早めて自宅を後にしたのですが、会場に到着したのはリアル集会所開始から30分を経過しての事でした。

それでも皆暖かく迎え入れてくれ無事にリアル集会所23に参加できました。

まずは会場設営をしてくださった皆様にお礼申しあげます。ありがとうございます。

そして、肝心の管理人のMH4はというと、ハンターランク解放が先か、装備をリオソウル一式にするのが先かという所まで来ていて、クエスト同行者の方々にお願いして、リオソウル一式を作ってからハンターランク解放という流れになりました。

リオソウル一式まで「あと火竜の紅玉一つ」(ん?前もそんな事書いたような・・・)という所で、リオレウスを主軸に狩りが展開されたのです。

2・3クエストこなすと、火竜の紅玉らしきものを素材報酬で出たような気がしたので、次のクエストに行く前に加工屋さんに行って作れるかどうか確認しました。

そうしたら、なんと!出来ました リオソウル一式

証拠写真は省略させて戴きます。

次に行くクエストは決めてました。管理人主導でクエストに付き合わせてしまったメンバーの方々には本当に感謝します。

次のクエストは金獅子ラージャン!

ラージャンこそ名前は知って居ましたが、初見で狩りを行うというへっぽこぶりを発揮そのへっぽこぶりに拍車をかけて、ラージャンがビーム(?)を出した時に回避する事が出来ずに一落ちしてしまいました…

皆「ドンマイ!」と声をかけてくれたのが嬉しくもあり、有難くもあり、次にラージャンがビーム(のようなもの)を発したら間違いなくかわそうと心に決めてベースキャンプからリスタートしたところ、クエスト達成の文字が…。

急いでラージャンのいるエリアに移動して、剥ぎ取りタイム!ラージャン装備を作る機会の為に素材はしっかり剥ぎ取らせて頂きましたとも!!

そうこうしていると、クエストクリアの文字が出て、集会所に戻ってきました。

ギルドマスターから何やら御言葉を賜れる様子。

ギルドマスターに話しかけると、なんと!ダラ・アマデュラの討伐を許可されました。そこで、わたし自身の情報ではこのクエストをクリアするとハンターランク解放という事が分かっていた為、迷うことなくダラ・アマデュラの討伐をクエストボードに張り出しました。

予備知識はYoutubeで勉強したつもり、いざダラ・アマデュラの討伐へ!!

ダラ・アマデュラは興奮すると岩山を長い胴体でグルグルと締め上げて来ます。なのでその時が部位破壊タイム。

急いで体躯を登り、部位破壊出来る位置まで移動して、せっせと攻撃をしたのです。

クエスト同行者の方々も相当な腕前なので、ここまでは誰一人として落ちては居なかったのですが、わたしがブレスを緊急回避でかわそうとしたらタイミングが悪かったためか、ブレスに当たり落ちて、そしてもう一人わたし以外にも落ちた方がいらっしゃいました(;´・ω・)

二落ち、もう後がない…。このクエストは失敗にしたくはないという心境でひたすら攻撃、回避、緊急回避をしました。

そうしている内にクエスト達成の文字が!!ポカーンとした顔してクエストクリアの文字が出て来るまで剥ぎ取りをしていたと思います。

午前の部はこれにて終了~。

 

ここからは昼食の後に午後の部へと移行しました。
<img src="http://pub.ne.jp/windows777/image/user/1393523234.jpg" width="640" height="480" />
結構な人数が集まってくれました。
わたしを入れて25名の参加者になったので、わたしは一人集会所クエストの未クエストを消化してました…。それも★2から…。

参加者の一人がそんなわたしに声を掛けて下さったのが印象的です。

その声は「また一人でやっちゃって~」でした。

わたしはこの状況は皆さんに感謝しているので、その頭があったので、「未クエ消化しないと~」と答えました。

1393523234

写真奥には今回の最年少参加者が居ます。勿論保護者同伴で。

結構な腕前らしいので、保護者の方が役に立つって言ってました。

そしてそして、宴もたけなわな感じでしたが、片付け時間が迫ってまいりました。

それと同時に一名リアル集会所から抜けて行ったので、わたしにお呼びがかかりました。

そのグループのテーブルに着くと、シャガルマガラのギルドクエスト LV100をやるという所でした。

わたしは内心「そんな無茶ブリな…」と思ったのですが、プレイスタイルの勉強になるとそのテーブルの一人が言っていたのを真に受けて参加しました。

結果、見事にわたしが3落ちを決めてしまい、リアル集会所片付け時間となりました。

こうして、リアル集会所23も無事に終了。

 

今回お集まりくださった皆様大変お疲れ様でした。

次回も開催する予定ですので、是非ともよろしくお願いしますm(__)m

リアル集会所22

:
2013年に開催されたリアル集会所22のリポートを掲載します。

11月10日 日曜日 雨 秋田県秋田市秋田テルサにて

リアル集会所22が開催されました。

管理人はちょっとだけ遅刻。

副管理人を始めとするリアル集会所22に参加してくださったメンバーが会場設営を行なってくれました{/嬉しい/}

会場は秋田テルサではお馴染みの部屋で、わたしが到着した頃には既に会場がヒートアップ。

皆さん思い思いのクエストへ狩猟しに出かけていました。

わたしは取り敢えず空いている席に着き、皆さんと共に狩りへ・・・。

しかし、わたしの装備は皆さんが行きたいクエストには役不足で、HR(ハンターランク)も上がっておらず、結局はわたしのキャラクターのHR上げと、装備品を製造する為の手伝いをお願いしました{/汗/}

管理人実力が伴って居ないのにHRばかり上がってしまい、ソロで集会所クエを受注して挑んではみるものの、3落ちするか、リタイアするかだったので、まずは落ちないように装備品を整えようという事になりました。

リオレウス亜種の装備でリオソウル一式を揃える事になったのですが・・・素材が色々と足りない。

マレコガネを採取するのにも一苦労でした。

クエストの最中には、リオレウス亜種も当然戦う相手ですが、その戦いにはオマケ的な役割で戦いに参加していました。

それでも、チャージアックスでスタンをとった時に同じクエストのメンバーから、「ナイススタン」と言われたのが嬉しかったです。

そうこうしている内に装備が整っていき、あと頭装備を整えるだけとなりました。

しかし!火竜の紅玉がリオソウル一式には2つ必要だったのです。

火竜の紅玉は持っているからと、わたしの着いたテーブルのメンバーにはそう伝えてあったので、「火竜の紅玉」が足りない・・・と言ったところ、「なんで?」という場の空気になりました。

そこでメンバーも仕方なく火竜の紅玉が出易いクエストに連れて行ってくれて、リオレウス亜種連戦しました。

3回程戦いましたがそれでも一向に出る気配はなく、HRを上げる目的も兼ねて古龍種の討伐に切り替えました。

そのクエストがリアル集会所22の最後のクエストとなり、結果見事にわたしが2落ちして、他の方も1落ちしてクエスト失敗となりました。

 

1387279721

リアル集会所22のひとコマ、皆さん楽しそうな雰囲気が伝わってくる写真を撮ることが出来ました。

1387279735

これは1枚目の写真を撮った時に別の角度から撮影したものです。楽しく歓談しながら狩猟を楽しんでいます。

 

こうして、リアル集会所22も無事に終わることが出来ました。

わたしは管理人としてみんなの牽引力となれれば良かったのですが、仕事や家の用事で中々MH4をガッツリとプレイすることが出来ず、いまだにプレイ時間は70時間未満です。

細く長く続けていけるように1日1クエを目指していますが、それも難しい状況ではあります。

リアル集会所20

2013年9月22日 日曜日 晴れ

秋田県秋田市にある、秋田テルサでリアル集会所20が開催されました。

当日は秋田県のテレビ局が主催するABSまつりという催し物があって、秋田テルサの駐車場がABSまつりへの来場者の車で一杯になることも懸念されましたが、ABSまつりの実行委員会の方々の配慮もあり、駐車場が一杯にならずに済みました。

ABSまつり実行委員会の方々にはこの場を借りて感謝いたします。

 

さて、肝心のモンハンオフ会リアル集会所20ですが、MH4が発売されてから記念すべき第一回目の開催となりました。

管理人は9月14日の発売日を迎えてから、毎日少しずつプレイをして旅団クエストを進めていましたけど、今日の参加者の中には既にハンターランク(HR)の上限を開放した参加者がいて、ほほぉ~今回のMH4もHRが開放するんだなぁという新たな発見をしました。

その方のHRは44、リアル集会所の途中でHR45にアップしましたけど…。

1380907552

リアル集会所20開始直後のひとコマ。みんなで和気あいあいとしたハンティングを楽しんでいます。

今回MH4にはモンスターの背中に乗って背中を攻撃することが出来る要素が増えました。そこで、各テーブルのあちこちでモンスターに乗った!という歓声が上がってました。

因みにモンスターに乗ると、モンスターが暴れだして、周りの人たちはボケっとしてるとダメージを受けるので、モンスターに乗った人以外はかたずを飲んで見守ります。
モンスター乗りが成功しゲージ一杯になると、モンスターが横倒しになります。そうしている内に大ダメージを与えることが出来るので、ハンターにとっては大チャンスです。

モンスターが転倒したことでも歓声が上がっていました。

1380907562

午後からは組み分けを行い、写真のような感じにメンバーが分かれました。

管理人は集会所クエストがまだ未経験だったので、HRを上げて上位ハンターの仲間入りをさせていただきました。

当時上位に上がることが目標だったので、これで他の手強いモンスター相手に下位装備で大丈夫かな?と心配してましたが、案の定力尽きる場面が増えたのです。

そこで、皆さんのお力をお借りして、上位装備を作るという事になりました。

上位序盤はテツカブラの装備が良いと言われたので、テツカブラの狩猟をお願いしました。

ただし、テツカブラの一撃がたまらなく効くので、わたしはチマチマと隙が出来た時に攻撃をして、ほぼ周りの方々の邪魔にならないようにしてましたが…。

リアル集会所20も終盤、最後までテツカブラを狩りましたが、テツカブラの装備はできず、あとは自力で頑張るしかないかなと思います。

こうして、楽しい時間はあっという間に過ぎました。

次回開催は10月20日の日曜日を予定しております。